NIPTのお役立ち情報がいっぱい!

このサイトでは、NIPTに関する情報を伝えています。
たとえば、どのような検査があり、どのくらいの費用がかかるのかなど、知っておくとよい情報を紹介しているので検査前に金額が不安、内容が不安などという人も読んでおくといいでしょう。
検査によって料金がかかるのか、それとも全体で金額が決まっているのかなど、費用について紹介します。
検査は夫婦で決めて受けることが多いので、お金についてもしっかりと相談出来るように確認しておきましょう。

NIPTにかかるお金はどのくらい?

NIPTにかかるお金はどのくらい? NIPTは新型出生前診断です。
胎児の疾患などを生まれる前に知ることが出来ます。
どのような検査なのかによっても、実は請求されるお金に差が出るのであらかじめ確かめるといいです。
医療機関で多少は前後すると考えても、約15万から21万円ほど必要なようです。
NIPTを受ける前には、金額をきちんと確かめて納得してから受けましょう。
検査内容でも額が変わる場合もあります。
事前にホームページで内容や期間などを理解するといいです。
お金は高いですが、疾患等について知っておけば夫婦で話し合うことも出来ます。
診断の結果がわかるまでは、少し時間がかかる場合もあるので結果でどう対処するかを二人でしっかりと話し合いましょう。

NIPTは保険適用外なのでお金の支払いは全額自己負担

NIPTは保険適用外なのでお金の支払いは全額自己負担 NIPTは保険適用外の診断になるので、支払いは全額自己負担となります。
また、料金の設定は医療機関ごとに定められていて異なるため、意外と大きな開きがあります。
最安値クラスだと9万円ほどで受けられますが、平均的な相場は15万円から21万円ほどです。
相場通りでもお金の額の差はそこそこあるので、事前にNIPTがいくらで受けられるのかは下調べしておいた方が良いでしょう。
安いところは認可外のところであるケースが多いです。
認可外でもきちんと検査をするところもありますが、カウンセリング等の点で不十分な可能性があります。
そのため、高くても認可を受けている施設で検査を受けた方が安心です。
検査結果はとても重要ですが、陽性が出た場合の対応などは、やはりカウンセリングの仕組みが整っている認可を受けているところがしっかりしています。
妊婦は精神的な面でも負担を感じるところが多いですが、事前にしっかりカウンセリングを受けていれば動揺することも減るでしょう。
他には、料金が安いところだと検査項目が少ないといった場合がありますので、調べられる部分についてあらかじめ調べておく必要はありますし、検査を受けるところでしっかりと説明を聞いてください。

NIPTの方がスクリーニング検査よりも精度が高いです。

最近NIPTという新型出生検査が出来るようになりました。NIPTはスクリーニング検査よりも精度が高く、ほぼ100%に近い可能性で検査をすることができます。金額はその代わり高いですが、後の事を考えると心配な人は受けておくことがおすすめです。
考え方は様々あるでしょうが、やはり夫婦で話し合って決めた方は利用したほうが後に後悔することもないので、決めたならば予約をしていくと良いです。かかりつけのお医者さんにお願いをしたら診断書を出して予約を取ってもらえます。予約をしてから、カウンセリングを受けるまでと、結果が出るまでに時間差がありますので、出来るだけ早い時期に検査を受けることをおすすめします。心の準備も必要でしょうし、少しでも早いことに越したことはないです。金額ははりますが、あとにくる安心感は非常に大きいものがあります。あくまで個人で決めることですが、受けたいと思った人は何も恥じることなく受けた方が良いです。

NIPTを受けるか検討しなくてはならないのはどのような場合か

新型出生前診断とも呼ばれるNIPTは、誰でも受けられるわけではありません。母体の血液を採取し、胎児の様子を知ることができることから流産や死産などのリスクは大変低いのですが、倫理的な問題も絡んでおり、NIPTを行うかどうかを真剣に検討しなくてはならないからです。NIPTの精度は大変高いのですが、確定診断ではなく結果と違う場合もありますし、望まない結果が出た場合どのように対応していくかを考えなければなりません。気軽にできる検査ではないので十分な話し合いが必要となります。
NIPTを検討する対象となるのは、高齢での妊娠、過去に染色体異常の子供を妊娠または出産したことがある、超音波検査で胎児に染色体異常の可能性があると指摘された場合などです。ですが3つ子以上の多胎妊娠においては検査を受けることができません。さらにすべての産婦人科で受けることができるわけではないので、対応している医療機関なのかも調べる必要があります。

NIPTは妊娠10週目から受けることが可能

NIPTは羊水検査よりも早期段階で受けられるという特徴があります。羊水検査では妊娠15週目以降でなければ受けることができませんが、これは妊娠15週目以前だと検査に必要な羊水の量が少なく、十分な量の羊水が確保できないためです。一方でNIPTは妊娠10週目以降から受けることができます。妊娠10週目以前だと検査に必要な胎児のDNAが安定していないため、検査を実施しても正しい判定ができない恐れがありますが、胎児のDNAが安定した10週目以降であれば高精度な検査が可能です。また、流産や早産のリスクを伴わないため、安全かつ早期段階で胎児の状態を確かめたいという場合に適しています。
なお、NIPTは妊娠16週目までに受診することが推奨されています。これは、NIPTで陽性と判断された場合に必要になる羊水検査の推奨期間が15週目から18週目であるためです。検査が遅れた場合、陽性と判断されても羊水検査が受けられなくなるため、検討している方は早めに受けておくことをおすすめします。

NIPTのリスクはどのようなものがあるか

NIPTとは、妊娠の10週前後に任意でお腹の中にいる赤ちゃんの染色体異常を調べる検査です。母体から採血した血液のみを使用して検査を施行するために、母子ともに安全な検査といされています。
21トリミーや18トリミー、13トリミーといった染色体異常の有無が分かり、妊娠中期よりも職の方が検出率が高いという特徴があります。しかし、母子ともに安全である一方で、リスクや問題点がゼロというわけではありません。
予定日に供えて安心して迎えるために受けたはずの検査が、もしも「陽性」と出た場合に不安を抱えてしまう可能性があります。NIPTの検査自体は採血のみなので、検査による流産の可能性はほどありませんが、陽性の場合、母親にとって大きな不安やストレスで体調を崩してしまう方もいます。
産まれてくる子供の身体は心配なのはもちろんですが、NIPTに対する正しい知識を身につけて、結果への向き合い方も含めて、夫婦一緒に考えることをおすすめします。

NIPTの適用条件はひとつしかありません

生まれてくる子供の染色体異常症を気になる人は、NIPTを受けることができますが適用条件があります。妊娠して10週を越えてこなくてはいけないことだけですが、家族の話し合いをしっかりとして欲しいのは医療機関としての願いです。子供の事ですから調べる事に躊躇してしまう夫婦もありますし、でも可能性を考えると気になる人もいますので、不安を少しでも解消できるようであればNIPTの必要性が高まります。
一番不安なのは妊婦さんですから、気持ちを理解してあげて正確な情報を伝えることが医療従事者の仕事です。また安易に進めていくのではなく、気持ちの整理を含めたメンタルヘルスも考えなくてはいけないのも、生む選択と中絶の選択もあります。医療技術が進んでいるからといって100%の確率はありませんが、染色体異常症の99%は判別がつくので決定できるだけの根拠ができます。家族が増える喜びと同時に健康であるかどうか、社会不安を持たないようにするのも生きる選択です。

最新の医療NIPTによって染色体異常症がわかる

妊娠をしてから様々な検査方法によって、生まれる前にわかってくることが多くなってきました。そのひとつがNIPTで、これは妊娠してから10週後になりますが、スクリーニング検査で染色体異常症がわかることでダウン症の可能性がわかることです。ひとつの命ですが日本において中絶も視野にいれた子供作りが確立されているのは、仮に障害者として生まれてきた場合、社会的保障が充実していないのも問題点といえます。
NIPTの検査では100%ではないものの、実際には99%の精度があるために、かなりの確率でダウン症などの障害を持ってくる可能性がわかります。誰しも妊娠をして新しい命が生まれることには、喜びを感じますが、将来を悲観することのないように子供作りという価値観が、人工妊娠や中絶なども含めて新しい時代です。染色体異常症がわかった段階で決断をすることは問題でもありませんし、家族の為に何かしらの新しい命の考え方を問わなくてはいけない、そんな考えが広がりを見せています。

NIPTで陽性と判断された場合は確定検査が必要

NIPTは、母体血清マーカー検査などの他の非確定的検査と比べて精度が高い検査ではありますが、陽性的中率は35歳で84.4%、40歳で95.2%となっています。
陽性的中率とは、検査で胎児に染色体異常があると判断された方のうち、本当に陽性であった方の割合を指します。つまり、40歳の方がNIPTを受けて陽性と判断された方のうち約5%は実際には陰性であるということです。そのため、NIPTで陽性と判断された場合は、確定検査(羊水検査)にて本当に胎児に染色体異常があるかどうかを確認する必要があります。羊水検査は、流産や死産といったリスクを伴う検査ではありますが、検査精度は99.9%とされており染色体疾患全般についての診断をほぼ確定することが可能です。NIPTは流産や死産などのリスクを伴わずに、高い精度で胎児の染色体異常の有無を調べることができる検査ではありますが、万能な検査ではないということを念頭に置いて受けることが大切です。

NIPTについて詳しく知りたい

NIPT 名古屋

新着情報

◎2023/2/3

情報を追加しました。


>NIPTは妊娠10週目から受けることが可能
>NIPTのリスクはどのようなものがあるか
>NIPTの適用条件はひとつしかありません
>最新の医療NIPTによって染色体異常症がわかる
>NIPTで陽性と判断された場合は確定検査が必要

◎2021/1/28

産科以外で検査を行うことも
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

費用は事前の比較が必要
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

NIPTのお金の価格幅
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 染色体」
に関連するツイート
Twitter

【トリソミー】 23対の染色体のうち1対が1本多い3本となる状態 ダウン症候群 21トリソミー エドワーズ症候群 18トリソミー パトウ症候群 13トリソミー NIPT(新型出生前診断) 妊婦の血液中遺伝子を解析して胎児の染色体や遺伝子を調べる検査

無情にも…。niptを受けていた結果が流産手術2日後に届きました。 結果、13.18.21番染色体にトリソミーはなかった。 この子に問題がないなら、私があの時体を動かしすぎたのがダメだったのかな?とかばかり考える。 そして2人目の子は男の子だったんだって。 どんな子だったの? 見てみたかったな。

13w 初期胎児ドッグ 異常なし 14w NIPT 判定保留(13トリソミー) 15w NIPT 判定保留(13トリソミー) 16w 羊水検査、夫婦染色体検査 17w FISH検査結果 陰性 18w 中期胎児ドッグ 異常なし 19w 羊水検査結果 陰性、夫婦染色体検査 陰性 NIPTの判定保留は胎盤モザイクによるものとの事

返信先:全然です〜🙆🏻‍♀️ NIPTでわかる染色体異常より大変な病気や障害はたくさんあること。陽性でもわたしには中絶の選択肢はないこと。 NIPTで陰性であることが私や夫にとっての安心材料にはならない考えているからです。 生まれて何があっても全てを受け入れられる覚悟が完全にできてるわけではないですが☺️

返信先:やりました。。。異常なしでした。NIPTも異常なしで初期の方は流産後の染色体検査も異常なしなので、恐らくは子宮側みたいなのですが、子宮側も血液検査も子宮内フローラなどなど異常なしなので???です🥺私の場合、染色体が異常なしなので着床前診断しても、流産確率は変わらないみたいです😭