NIPTのお金の価格幅

NIPTのお金の価格幅

NIPTのお金の価格幅 NIPTのお金の価格幅は病院によって違いますが相場や約20万円で、他の出生前診断と同様に基本的に保険適応がないので自費診療です。
これまでの検査相場だと母体血清マーカー検査が約3万円から、羊水検査で約15万円なので少し高く感じます。
ただ、NIPTにはほかに遺伝カウンセリングの費用が含まれていたり純粋な検査費用以外も含まれた価格もあります。
金額は実施している医療機関で違い、検査費以外にカウンセリング代や時間で違ったりします。
例えばあるクリニックだと遺伝カウンセリングが8,100円、検査費が177,660万円(結果説明のカウンセリング料を含む)、これ以外の遺伝カウンセリングが5,400円かかります。
他にも検査項目によって費用が違ったり、検査費用の中に陽性だった場合の羊水検査費用まで含んでいる場合もあります。
自費診療なため高額な金額になりますが、実際は検査が導入されてから5年で出生前診断の4割を占めるほど検査件数も増えているのが現状です。

NIPTを医院で受ける場合どれぐらいのお金がかかるか

NIPTを医院で受ける場合どれぐらいのお金がかかるか 妊娠をした場合には、高い確率で子供が健康に生まれてきますが、中には染色体異常などを持っている子供もいます。
かつては染色体異常があるかどうかは生まれてみなければわかりませんでしたが、最近はNIPTを利用することによりそれを事前に発見することができます。
NIPTの検査により陽性だった場合には9割の患者が堕胎している傾向にあることを考えれば、この検査自体は非常に重要と言えるでしょう。
とは言え、無料でこの検査を受けることができるわけではありません。
そのため、事前にどれぐらいのお金がかかるかを確認しておくと良いです。
一般的には、医院でNIPTを利用するときにかかるお金に保険は適用されません。
そもそも、NIPTは治療そのものでは無いからです。
つまり国からの援助もなくすべて自費で行う必要が出てくるでしょう。
その費用はそもそも自由診療になるため、明確に決まっているわけではありませんが、およそ10万円前後になっていることが多いです。

新着情報

◎2023/2/3

情報を追加しました。


>NIPTは妊娠10週目から受けることが可能
>NIPTのリスクはどのようなものがあるか
>NIPTの適用条件はひとつしかありません
>最新の医療NIPTによって染色体異常症がわかる
>NIPTで陽性と判断された場合は確定検査が必要

◎2021/1/28

産科以外で検査を行うことも
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

費用は事前の比較が必要
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

NIPTのお金の価格幅
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 医院」
に関連するツイート
Twitter

返信先:海外かどうかはわからないですが、順天堂大学病院ときちんと提携している病院のようで!錦糸町駅前 NIPTで調べると出てきました😮順天で出産となると、後期まではこういった提携院での妊婦健診になるようで、大学の提携だと変な医院ではないだろうなぁ!と思って!

返信先:私も大学病院なのでNIPT20万、引っかかった場合の羊水検査で+20万かかります😭私が予約した医院は、10万円で引っかかった場合は無料で羊水検査してくれるみたいで!

返信先:受けます!夫婦共に29歳です! 出産する医院とは別の医院NIPTのみで受診予定です😮

返信先:確かにNIPTを受けるかどうか考える時に偏った情報(主に各医院のweb広告)が多く大変でした。数冊本(それも偏っていないとは言えないでしょうが)を読んでやっとぼんやりと理解した段階でまずは遺伝カウンセリングは受けると決めたように思います。アクセスしやすく正しい情報は欲しかったです。笑

今日の医院長先生の診察で、分娩はやっぱり大学病院を選んで正解だと言われた。年齢もだけど、ホルモン補充周期で凍結胚移植だと、胎盤癒着等のリスクが少し上がるとのこと。 年齢的にNIPTのお話もしっかりあって、41歳でダウン症の確率は66分の1。次は別クリニックで初期胎児ドックとNIPT予約。